自己破産できないこともある理由

すべての借金は帳消しになる

多重の債務を抱えながらも、自分にのしかかっていた債務を免除してもらえるように

 

裁判所に申し立てられる制度が、自己破産です。

 

裁判所に認めてもらえるなら、すべての借金は帳消しになるというある意味で大変便利な制度です。

 

だからと言って、だれでもどんな場合でも免責の許可を得られるわけではありません。

 

自己破産がどういうものかは、自己破産できないこともある理由からもわかります。

 

例えは、既に自己破産するつもりでいる状況であったのに、

 

わざとその後に借金にかこつけてをしたりクレジットで買い物をしたりした場合があります。

 

この様な免責を受けることを利用して行った悪質なものは認められません。

 

過大な債務を負うことになった理由が、過度の浪費やギャンブルうである場合もあります。

 

これには、旅行や買い物も含まれます。

認められないわけ

この場合も消費者金融に借りたことが原因である場合など

 

旅行も含め必ず認められないというわけではありません。

 

この他にも、自己破産の直前に不動産の名義を変えたりして高額な財産を隠そうとしたり、

 

ローンで買ったものを返済中でありながら売ってしまったなど、

 

債権者に不利になるようなことをした場合があります。

 

あと、過去7年以内に自己破産制度を利用して免責を受けていることなどあります。