自己破産制度の目的

多額の多重債務の状況

自己破産は、理由や原因は様々でも、多額の多重債務の状況に陥り、

 

債務者自身が努力しても到底返済しきれない、返済不能の状態になる時に、

 

裁判所に申し立てをして免責処置をしてもらうことを言います。

 

破産に関連した法律の歴史に示されているように、

 

返済不能な債務者への対応は、時代の状況が関連しているもの

 

債権者の権利や財産を守ることに主な目的が向けられてきました。

 

しかし、とりわけ不景気が続く日本において、自己破産になる件数が増加する中、

 

その対応の仕方に変化が見られていました。

債務整理の最後の手段

自己破産とはどのようなものかというと、破産したい張本人が、社会的にも経済的にも最出発をして、

 

更生を支持し新しい生活を始めることを助けることも自己破産制度の目的になっています。

 

ですから、必要最低限の生活費や財産は手放さなくても良いようになっています。

 

ですから、自己破産と聞くとすべてを失ってしまい、その後の生活は路頭の迷うような

 

イメージがあるかもしれませんが、最低限の生活は保障されていると言えます。

 

ですから、必要以上にこの手続きをすることに恐れを抱かなくても大丈夫です。

 

自分の債務の返済の免除を受けられる自己破産ですが、選択としては最終手段でもあります。

 

任意整理、個人再生、特定調停などの債務整理の最後の手段です。