自己破産すべき人

究極の方法

債務整理をしなければならないのはこんな人です。

 

債務整理の中でも究極の方法として、自己破産という方法があります。

 

自己破産とは、自分の身の回りのものを除くすべての財産を処分して、債権者に譲ります。

 

しかしそれでも残債がある場合に、その借金はすべてチャラにするという債務整理の方法を指します。

 

自己破産すべき人ですが、これは債務整理にはほかに3つの方法があるのですが、

 

そのいずれの方法を使っても救うことができない人と言うことになります。

 

あまりに借金が多すぎて、どのように圧縮をしても返済の見込みのない人が該当します。

 

他にも、もともと収入がさほどないというケースも自己破産の対象になる可能性が高いです。

 

返済のめどをつけることができないからです。

 

もし安定してそれなりの収入を持っている人であれば、自己破産をする前に、

 

特定調停などで債務整理をする方法を探ってみるべきです。

借金がもはやどうにもならない場合に選択

自己破産は自分の身の回りのもの以外のものは、すべて処分しないといけません。

 

しかし例えば、もともとそのような財産を持っていないと言う人もいるでしょう。

 

そのような人は、財産を処分することなく、借金をチャラにすることができます。

 

借金がもはやどうにもならない場合には、

 

究極の方法として自己破産があることは頭の中に入れておきましょう。