過払い金が発見される

軽視されていた利息制限法

債務整理の良い点、悪い点として、いろいろなことが挙げられます。

 

その中の一つに、過払い金の存在が挙げられます。

 

 

中には、かなりの期間返済をし続けていても、なかなか借金がゼロにならないということで悩んでいる人もいるかもしれません。

 

しかしそのような人は、余計に借金の返済をしている可能性があります。

 

一昔前までは、消費者金融でも利息制限法を超えるような利率で

 

借金の取り立てをしていることも往々にしてあったと言われています。

 

利息制限法は、刑事罰がないので結構軽視されていたからです。

利息制限法によりもどってくるかも!?

しかし最近では、利息制限法がより厳しく運用されるようになってきています。

 

もし利息制限法を超えるような利率で、金利支払いをしていた場合には、

 

それは一切無効になり、元本の返済の方に回されます。

 

すると、利息の計算をし直すことによって、借金の残りの額を減らすことも十分に可能です。

 

債務整理をすることで、弁護士に依頼をすれば、利息制限法に基づく計算がおこなわれます。

 

かなりの期間返済をしている人の場合、利息の過払い部分で残債を相殺することもできるかもしれません。

 

そうすれば、債務整理をすることなく、完済をすることもできるかもしれないわけです。