借金完済後の過払い金請求

完済していても「過払い金返還請求」はできる!?

 

「過払い金返還請求」という言葉がすっかり世の中に定着したおかげで、
最近では各市町村が無料で行っている法律相談会でも、
過払いについての相談が多く寄せられるようになったと聞きます。

 

残念ながら完済してから10年を過ぎている場合は時効消滅になってしまうようですが、
基本的には完済後であっても10年以内であれば過払いの請求ができるそうです。

 

完済後の過払い金返還請求ですが、
請求前にまずカードを解約することをおすすめします。

 

 

債務が残った状態での過払い金返還請求と違い、
信用情報機関への登録(いわゆるブラックリストに載るという状態)は避けられるようですが、
今後その系列の会社でお金が借りられなくなったり、
カードが作れなくなったりする恐れがあるという専門家もいるからです(そのあたりは正直不透明です)。

 

ですからまず解約。

 

それから「取引情報開示請求」などの返還請求の手続きに入りましょう。

 

ちなみに債務が残った状態での過払い金返還請求についても、
平成22年4月19日以降は信用情報への登録が廃止されたうえに、
既に登録されているものに関してもデーターベースからすべて削除されているそうです。

 

大手消費者金融会社に過払い金を請求できる人々は、
現段階で500万人もいるといわれています。

 

過去の借入をよく思い出してみてください。

 

あなたもその500万人のうちの一人かもしれませんよ