再生手続きと自己破産の違い

再生手続きと自己破産の違い

注目される大きな違いとしては、「財産を手放さなくてもよい」ということです。

 

自己破産の場合、持家や20万円以上の価値のあるものはすべて手放す必要がありますが、再生手続きを行った場合は住宅ローン以外の借金を減額して再生計画を立てます。その場合、再生の認定後も住宅および住宅ローンは今まで通り支払つづけ、もちろん住むこともできます。他には完済している自動車や高価な物品については手放す必要はありません。

 

ただし、自動車のローンが残っている場合は注意が必要です。

 

所有権が貴方ではなくローン会社になっているかと思いますので、その場合は債権者により回収されることがあります。

 

また、高価な物品を手放さなかった場合、「弁済額」が増える可能性がありますので考慮が必要になります。

 

他の違う点としては、自己破産は免責が認められれば借金の支払義務はなくなりますが、再生手続きは圧縮した残りの借金を3年かけて支払う義務があります。

 

安定収入があることが前提になりますので金額として月収15万円以上は必要です。

 

また、資格制限もありません。

 

そのほか、手続きにかかる期間に関しては自己破産は裁判所や申し立て方式により異なりますが、同時廃止をした場合で約半年、一方再生手続きの場合は約1年弱の期間を要します。