過払い金請求を専門家に頼むメリットとデメリット

「過払い金返還請求」を専門家に頼むメリット・デメリットとは?

 

「債務整理」の流れで「過払い金返還請求」を行う多重債務者の多くは、
弁護士や司法書士に依頼をする場合がほとんどではないでしょうか。

 

それも通勤中などに電車内の広告を見て、巧妙なキャッチコピーに釣られるようにして弁護士事務所を訪れるひとが多いのではないかと想像します。

 

多重債務者に苦しんでいるひとには、自分の借金総額を正確に把握する気力も残っていないことが多いですし、「取引履歴の開示請求」や「引き直し計算」などを自分で行う余裕もありません。

 

彼らが多重債務から逃れるためには、まず専門家に相談することが、はじめの第一歩なのです。

信頼できる専門家を探そう

「専門家」に相談することで、
とりあえず借金返済の督促は止まりますので、
一日も早く彼らに相談することをおすすめします。

 

ただし専門家に頼んだからといって万事がOK、すべてがうまくいくとは限らないのがこの世界です。

 

 

多重債務や過払い金問題などを中心に扱っている、通称「クレ・サラ弁護士」の中には債務整理の無料相談に来た多重債務者に法外な成功報酬を持ちかけて分割払いさせたり、そもそも専門家自身が対応をしなかったりと、怪しげな事務所も多くあります。

 

目についた事務所で即決せずに、誰か信頼できるひとに紹介してもらうのが、無難です。

 

一度目は、「行政の」無料相談に出かけてみるのも手でしょう。