過払い金請求を自分でやる

「過払い金返還請求」を個人で行えば数千円ですむって本当?

 

実は少々の知識と根気、そして数千円のお金さえあれば、誰でもできるのが「過払い金返還請求」です。

 

そもそも過払い金の請求をしようと実際に行動をおこすひとのほとんどが、借金返済で苦しんだ経験が一度でもあるひとでしょう。そしてそのようなひとたちの中には、「過払い金返還請求の手続きを専門家に頼む=新たな借金の山がもう一つできる」リスク・・・というかカラクリをよく理解しているひとも多いようです。

 

 

いますぐ任意整理が必要なほど、精神的に追い詰められてもおらず、経済的な余裕がマイナスにならない程度にならある、というひとたちには迷わず「弁護士や司法書士などの専門家に頼らない」ことをおすすめします。

 

専門家に頼むと、面倒な書類作成や百戦錬磨の貸金業者との交渉を全部自分一人でやらなくてすむというメリットがある反面、ご存じのように、手数料をたっぷりと支払わなくてはならないというデメリットもあります。

 

専門家に依頼する場合、一般的な相場として着手金のほかに、返還金の約2?3割が成功報酬として必要だといわれています。

 

例えば返還金が50万円として、10?15万円+2?3万円の着手金を専門家に支払わなければならないということです。

 

返還金が50万円あればまだいいとして、近ごろでは引き直し計算で予想したいよりも返還金がずっと少なく、返還金よりも高い成功報酬を支払った例もあるようですから、要注意です。

 

世相を反映し、最近では行政が無料法律相談会を開いていますし、グーグル先生に聞けば、その手の情報はすぐにヒットしてきます。

 

懇切丁寧に個人的な質問に答えてくれるサイト管理者もいます。

 

「過払い金返還請求」を個人で行った場合のメリット・デメリットについて相談してみるのも手です。