過払い金とは

過払い金とは

 

「過払い金」とは本来支払う必要がないのにもかかわらず、貸金業社(消費者金融やキャッシング事業者)に支払い過ぎたお金のことです。

 

聞き慣れない言葉も出てきますが、何故払い過ぎたのかを理解するためには必要なことですので、できるかぎり噛み砕いて説明します。

 

「利息制限法」による金利の上限は「15〜20%(借りている金額で変わる)」です。ただし任意性・書面性を満たす場合は上限を29.2%まで認められます。

 

つまり本来は15〜20%の金利を超えたらダメだけど、借りる側と貸す側の合意(契約書等)があれば29.2%まで金利を取ってもいいですよ。ただしそれ以上だと「出資法」違反で刑事罰の対象になりますよ、ということです。

 

そこで多くの貸金業者は29.2%の金利でお金を貸していました。

 

しかし、2008年(完全施工2010年6月18日)にこの「出資法」が改正されました。
いままで上限金利29.2%だったものが20%に引き下げられたんです。
当然今まで29.2%の金利でお金を貸していた貸金業者は20%以下の金利でお金を貸すことしかできなくなりました。

 

しかも「過去に20%以上の金利で返済をしていた人は多く払い過ぎですから、29.2%と20%の差額である9.2%分は遡って請求すれば貸金業者から返金してもらえますよ」という改正内容も加わりました。

 

つまりこれが「過払い金」です。

 

過払い金の対象者は当時500万人以上、平均返金額は80万円以上とも言われていましたので今でも多くの方が申請しています。
借入期間が5年以上で金利が18%を超える方は,過払い金が発生している可能性が非常に高いです。