債務整理の専門用語 引き直し計算

金利の計算をし直すこと

債務整理の専門用語に、引き直し計算と言うものがあります。

 

この引き直し計算とは、過去の返済した取引履歴をもとに、金利の計算をし直すことです。

 

 

借金をして、返済に苦労している人が、最初にできる一つの方法が、

 

この引き直し計算と言うことができます。

 

お金を貸す側が、いくらの利息を付けるかを決めることができるのではないと

 

思われるのは当然のことかもしれません。

 

しかし、だからと言って、貸す側がどんな利息を付けても良いというわけでもありません。

 

これは、法律で定められていますので、貸す側は、その法律を守る必要があります。

 

現行の利息の上限は、元本が100万円以上なら年に15パーセント、

 

10万円以上から100万円未満の場合は、年に18パーセント、10万円未満の場合は、

 

年に20パーセントと決められています。

 

この利息以上の場合、債務者に生活上の支障をきたすことになります。

 

それで、この利息以上の分は、無効になります。

注意!!大手のキャッシング会社でも

以前の大手のキャッシング会社でも、年27パーセントや29パーセントは、ざらにありました。

 

それで、債務者がこれまでの取引を振り返り、利息制限法で定められた利息を払っていたしたら、

 

借金の具合はどのようなものになったかを計算しなおすことが、引き直し計算の目的です。

 

そして、本来無効のはずの利息分を、元本に充当するという方法で計算します。

 

この計算をしてみると、実は借金はすべて返済し終わっていると

 

いうこともありますし、払い過ぎていることさえあります。