最低限の知識 特定調停

最低限の知識

債務整理をする際の最低限の知識として、特定調停があります。

 

債務者が、借金の返済が滞るようになり、

 

返済が難しくなったゆえに、債務者と債権者が、裁判所で話し合い、

 

調停委員の指導を受けつつ返済方法を見いだし、合意していく制度です。

 

これは、簡易裁判所で行われます。

話し合いの内容

話し合いの内容としては、任意整理と同じように、

 

債務者と債権者の取引の履歴から、引き直し計算をします。

 

そして、引き直し計算を基に、減額された元本を分割して返済していく方法です。

 

ただ、債権者によっては、簡易裁判所での調停に応じてくれないこともありますし、

 

簡易裁判所によって、調停基準にばらつきが見られますので、

 

下される決定は、一律でない可能性があります。

 

この制度を利用できるのは、3年で、減額された金額を返済することができ、

 

継続して収入の見込みがある人でなければなりません。

 

この特定調停の場合、たとえ特定調停後であったとしても過払い金の請求をすることはできます。

 

この特別調停の債務整理の場合、整理したい借金を選ぶことができますし、

 

職業に関連した資格制限が生じることもありません。

 

また、既に行われている強制執行手続きを裁判所に民事執行停止の申し立てを行うことによって

 

停止することができるというメリットがあります。

 

特定調停の場合、過払い金を回収するための制度ではないので、

 

過払い金を踏まえた返済計画を立てることは難しいことが多いです。

 

過払い金を請求するためには、別途、過払い金返還請求訴訟を

 

裁判所に提起する必要があります。